いらっしゃいませ!

長野県北部にある山ノ内町の「道の駅北信州やまのうち」のネットショップです。どうぞよろしくお願いします!

<送料について>

送料は、商品の重量やサイズ、お届け先のご住所により異なります。

異なる商品を同時にご注文された場合につきましては、カートに自動加算される送料をご確認ください。※ご注文確定前に確認可能です。

商品検索

サバタケ誕生


山ノ内町総合開発公社では、平成219月より地域資源の掘り起こしや農産物等を活用した商品開発を目的としたプロジェクトチームを立ち上げ、会議を重ねてきました。

「農業と観光の連携」を基軸に、公社を中心として町の観光商工課、農林課、総務課の各担当者や県農業改良普及センター、地方事務所などが参加。またアドバイザーとして㈱産直新聞編集長毛賀澤明宏氏、㈱日本広告所長冨澤直人氏を招き、幅広い視野からの助言や指導、情報提供等をいただいています。

 今回の缶詰は地域資源活用開発会議の中から「特産加工品づくり」の一環として、当初より話が出ていました。

https://cart-imgs.fc2.com/upfile/sabatake/sabatake1.jpg

商品化のきっかけ

地域資源の活用(良質の根曲がり竹が採れる環境であること)

初夏の短い期間しか食べられないものなので、ご当地グルメであっても他の時期では食べることができない。缶詰にすることにより、他の時期でも食べることが可能になり観光客に対しても竹の子汁の認知度を上げる良い機会になる。
 また初夏の志賀高原を訪れてもらい、採れたての根曲がり竹料理(焼き竹の子、天ぷら、煮物など)を味わいに来て欲しいなど観光活性化へのつながりが期待できる。

地元においては当たり前に食べられていたB級グルメ的な食べ物であるが、TV番組の「ケンミンショー」でも取り上げられ話題となるなど他の地域から見たときに珍しいものであると同時に、竹の子とさばの水煮缶という組み合わせに意外性や面白みがある。また、この地方の出身者にとっては懐かしい味としてお土産に使っていただくことができる。





<写真上: 根曲がり竹とサバの水煮缶の味噌汁>

味噌汁の缶詰加工を行っている企業が、県内で見つからなかったため、新潟県魚沼市の㈱大沢加工へ依頼。3回ほど試作を重ね、コクを出すためさばの水煮缶の汁も入れてもらうなど、できるだけ地元の味に近づくように検討を行ってきました。


根曲がり竹は、「道の駅北信州やまのうち」の農産物直売所の会員の方に依頼し、志賀高原で採取した天然もののみを使用しています。


根曲がり竹は1本から3割ほどしか正味が取れないこともあり、加工商品で国産のものを扱っているところは多くありません。


製造数1年目は1,584缶、2年目は3,280缶、そして3年目の平成25年度は5,258缶を製造。平成26年度は1,235㎏の根曲がり竹を要しました。


 皮むきは公社で行ない、節を抜きながら味噌汁用にカット。カット後は町内の高相物産㈲にて水煮加工をしてもらい、㈱大沢加工で缶詰に加工してもらいます。


 ラベルデザインは高知県馬路村の商品を全国的に有名にしたPAOデザインの田上泰昭氏に依頼。


面白みのあるデザインで、「たけのこ汁」では手が伸びないという人にも手にとってもらいたいというこちらの意向を伝え、出来上がったのが「サバタケ」のラベルでした。

 ラベルを依頼するにあたり歴史をたどったところ、現在では100円程度で購入できるさば缶も、缶詰が出始めた昭和30年はじめ頃においては、さば缶も時々しか食べられないご馳走であったのではないかとの結論に至りました。それ以前は身欠きニシンが使われていたそうです。今では根曲がり竹の方が高級になってしまいましたが、山ノ内町では欠かせない初夏の味としてそれぞれこだわりがある、まさに「町民食」です。







お知らせ

好評をいただいておりました「サバタケの残り汁カレー」ですが、おかげさまで完売となりました。
ありがとうございました!

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログインフォーム

お問い合わせフォーム